生きる楽しみを見つける -休養中-

広汎性発達障害、または自閉症スペクトラムやADHDを患っています。

障害者手帳を申請するかどうか

私は、今の次のステップとして、作業所(A型事業所)に行きたいと考えています。

 

 

そこで勘違いしていたことがひとつ。

私の住む地域では、作業所に行くのに障害者手帳はいらないみたいです。

それを知らなくて、ずっといるものだとおもっていたので、お医者さんに診断書を書いていただいて、市役所まで行きました。

 

するとそこで詳しい話を聞いているうちに、作業所に行くのに手帳はいらないという新事実を耳にしてしまい、だったら手帳取るかどうか迷うな〜と現在保留にしています。

 

お医者さんいわく、とれば3級になるだろうとのこと。私は初診時厚生年金に入っていなかったので、障害年金がもらえるということもありません。

 

メリットといえば、電車代が安くなること…?

市外の作業所に行くならそれはとても魅力的ですが、最近は近くの作業所を探しているので、それもあまり意味がなさそうです。

 

 

しかし、いずれ障害者雇用にいくなら手帳は必要です。私は障害者雇用で働きたいという希望もあったため、今取るのかその時取るのかで迷っています。

 

最近は障害者雇用じゃない道を取る可能性もあると考えています。なので、どうしよ〜といった形ですね。

 

 

そんなに大きな決定じゃないのかもしれませんが、わたしの中では、重要なことの気がしてなりません。障害者手帳をとることに躊躇しているというより、そんなにメリットがないのに取る必要あるかな?と言った形です。

 

フリースクールに行っています

お久しぶりです。

更新してない間に色々な出来事がありました!

 

 

と、その前に、以前コメントを頂いていたのですが、なかなか返せず…。

見てらっしゃるかはわかりませんが、この場を借りて返信してもよろしいでしょうか?

 

〉〉本は、正直どれがおすすめということはなく、どの本もいいのですが、しいて言うなら、人間失格や、奥田英朗さんの本がとても勉強になります〜!

 

 

 

 

では、本題に入ります。

最近私は、とあるNPO法人フリースクールに通っています。

フリースクールというと、不登校の子どもが通うところをイメージしますよね。

でもそこは、基本は何か事情を抱えてる大人の方が対象なんです。(今のところ20代の方が多いです)

なので、年齢層も私とそんなに変わらず、とても居心地がいいです。

 

 

まずはそこに毎日通うことを目標にしています。そして、いずれは就職できるよう頑張っています。

 

 

フリースクールの代表は、勉強はもちろん、WordとExcelは完璧ですし、ウェブデザインなんかもできちゃいます。

 

そこに通っている人も、WordやExcelパワポを勉強している人、大学受験や高卒認定の勉強をしている人、プログラミングの勉強をしている人、様々です。

 

私は今、英語とWordExcelパワポcss&htmlを勉強しています。

せっかく時間があるので色んなことに挑戦したいです。

 

WordとExcelは、今やっと基礎が終わったところです。絶対参照と相対参照、複合参照は難しいですね。でも、わかりやすく先生に教えてもらったので、今のところ大丈夫です。

一人でやってたら、多分理解しないまま進んでいたと思います。

 

cssとhtmlは、本を読んで今のところ独学でやっています。わからないところは検索してどうにかやっていますが、30分ぐらい先に進めない時も…。でも間違いの原因がわかった時は、本当に嬉しいし達成感がありますね!

 

 

 

 

あと、発達障害の自己理解を深めることも、就職までにやっておきたいです。

なぜ、以前の職でだめだったのか、次おなじことがおきたらどうするのか。

また、体調のコントロールや生活習慣の改善なども視野に入れていきたいです。

今回は長めの療養で、お医者さんからもまだまだ復帰には時間がかかるだろうとのことですが、働けるようになるまで訓練していきたいです。

 

 

部屋を片付けました

部屋の床が見えないくらい汚い部屋。どうやっても片付けられない。

 

なんで??発達障害だから?

と諦めてました。

昔は片付け出来てたのに…。

 

 

でも、原因は増えすぎたハンドメイドの材料を置く場所がなかったことにありました。

 

 

床でハンドメイドしていたので、ハンドメイドをするための机を買いました。

また、ハンドメイド材料を収納する棚も買いました。すると、、

 

 

見違えるほど、部屋が綺麗になりました!

といっても床が見えるだけ(笑)

床が見えるだけでこんなにも、綺麗に見えるんだなあ。

 

 

 

 

 

そうそう、関係無いですが、学校ボランティアをすることになりました!

どう働くのか。どう生きるか。

こんばんは。わたです。

主治医に、社会復帰は一年半ごと見てくださいと言われ、落ち込むようなホッとするような気持ちになっています。家にいるとどうしても焦ってしまうので、ブログでも更新しようという次第です。

 

なにかこういうことが知りたいというリクエストがあればコメントでください。

 

 

今回のテーマは

・働くということ

・人として大切なこと

です。

 

 

人生の目的

人間が生きてる意味、人生の目的は働くことにあると言っても過言ではないと思います。

 

ただ、働くことが目的ではなく、働いた先に得られる人格や、心、魂の輝きが、最も重要なのです。

 

昨日よりよい日であろう、と日々誠実に務めることで、人生がプラスになっていきます。

苦しみは魂を磨くための試練だと。己の人間性を鍛えるチャンスだとして、日々、精進していくばかりです。

 

 

労働の目的

労働には、欲望に負けず、心を磨き、人間性ををつくっていく効果があると聞いたことがあります。単に生きる糧をえるという目的だけでなく、そのような副次的な機能があるのです。

 

それにもかかわらず、いまの私は働きたい働きたいと口にするばかり。その理由は生きる糧を得たいから。何もしてない自分が、とても惨めに感じられるからです。穀潰しとすら思えてきます。

 

思うに、人間切羽詰まると、働くことにお金を得る以上のことを見いだせなくなるのかもしらません。もちろん、その先にぼんやりと、社会と繋がりたいという気持ちは持っているでしょう。

働くことで、自分に価値があることを思いたいですね。

でもそれは危ないこと。それでもいいと私は思うのだけど、よく考えたら仕事をすることで自尊心が高まるのは、仕事で失敗でもしたら一気に不安定になる証拠でもあります。

なにもしてなくても、生きてて、毎日をどうすごすかで、自尊心や自分の価値を高めていきたいですね。

 

 

一つのことに打ち込む

一つのことに打ち込んできた人、一生懸命に働き続けてきた人は、とても素敵な人ですね。

わたしは一つのことに打ち込んでいないから、反省しなきゃなぁ、すぐあきらめるし、飽きるし。

ただ、障害の特性として、そういうのがあるのは自覚しているから、無理せず一つでも何かに打ち込めたら最強だと思っています。

だって、私は一つのことに打ち込んではいないけど、色んなことに、打ち込んでいる自信があるから。

そりゃ、ひとつだけに打ち込むよりかは成果は変わってくるかもしれないけど、それでも総合的には私だって負けてないと思うんです。(と言い聞かせないと自己肯定感が下がる一方です(笑))

 

 

どう生きたいか

プラス方向の考え方は、良い心。常に前向きで建設的ですね。でも無理やりネガティブな人がポジティブになるのは余計悪くなるらしいです。少しずつ、少しずつ変わる努力を私もしていきます。

 


感謝の心を持つこと。協調性をもつこと。善意に満ち、思いやりがあり、優しい心をもっていること。努力を惜しまないこと。これらは、人として大切なことですね。

 

私は、協調性を持っていると思います。でも、働かなくなって、社会から離れるうちに少し利己的になっているかも知れません。それもそれで私の成長したところかもしれないです。

利己的を知ったからこそ、協調性を保つ的に人格に厚みが出るというものです。

 

自分をみつめなおして、本当にそれができているかを確かめなければ。できていないからと言って落ち込むことはありません。人は人、自分は自分。本来ありのままでいいのです。そのありのままから、ちょっとでも、生きやすく、自分がありたい人間になっていきたいですね。

発達障害に向いている職業

発達障害に向いている障害ってなんだろう。そう思ってPCで検索したことはありませんか。

私も何度もあります。結果答えはでていません。

図書館司書が合ったいた人もいれば、プログラマーがあっている人もいる…。でも実際にやってみたらだめだったという話も聞く…。発達障害にもいろんな型があるので、一概には言えないようです。私も、人それぞれ得意不得意や特性が違うので、世間で言われているよく言われる向いている職業には、疑問を持ちます。

 

・それ、どうやってなるの?

・それ、ちゃんと生活していける?

・え、それ本当に発達障害者に向いてるの?

あげるとすれば大体こんな感じですかね。あくまで正社員を目指すこと前提ですが。

 

 

よく発達障害に向いている仕事に挙げられている仕事って、どうやってなったらいいか分からないものばかり。検索して調べてみたら、道は狭いことが分かったり。

あとは、せっかくその仕事につけたとしても、お給料が心配だったり。

しまいには、その職業が発達障害に合うか調べているうちに、発達障害には向きませんと書かれていたり。

 

ひどいときには、発達障害にはできる仕事なんてない、なんてページにたどり着いたりもして、落ち込み&絶望のはざまに立たされます。

 

だってそうなんです。確かに、一昔前の労働者がたくさんあふれかえっていたころは、業務が細分化していたので、一つの仕事を少しずつ覚えて次に行けば、それだけでよかったのかもしれません。この業務を覚えればもう覚えることはない、という仕事もあったかもしれません。でも今は、沢山のことが求められるのです。

発達障害に向いている仕事」は、所詮、その仕事の一部分や、いい面を切り取ってあげられているにすぎません。

 

そして誰もが気にする、「人と関わらないでいい仕事」…。そんなのこの世にありません!

なにかしら、人と関わらなければいけない場面は必ずあります。

ウェブデザイナーでも、翻訳家でも一緒です。

 

しいていうなら、コミュニケーションの種類や頻度が、仕事によって少しずつ変わってきます。家で出来る仕事は、確かに人と関わる頻度は少ないかもしれません。しかし今は、フリーランスも営業力など別の力が必要になってきています。

 

ウェブデザイナーならもくもくとできるかな…?とおもっても、正社員ならゆくゆくは取引先と関わる仕事なども必要になってくるでしょう。

 

なら、なんの仕事を選べばいいの?とやけくそになりますよね。

そんなときは、一般的に言われていることを信じるよりも、自分の特性を理解し、「自分にあった」仕事を探すべきです。

 

→私は体が弱く、長く仕事をすると体調を崩してしまう…

そんな人は、いくら発達障害者に向いてるとされてるウェブデザイナープログラマーも、体を壊してしまう可能性があります。(残業が多いため)

→営業も苦手だな…。体力ないし…。

…なら、比較的残業の少ない事務系を探そう!といった感じです。(私の場合、営業が無くて、残業が少ない事務系の総合職に就職しました)

 

ただし、そうやって探してやっとなれた希望の職種でも、私の場合はダメでした。なので、明らかに向いていないもの以外はそこまでこだわらなくても、いいのかもしれませんね。

 

あとは仕事についてから、発達障害の特性をいかにかばーできるかも重要です。これが出来てないと、ほんとにどこいってもだめだろうなって自覚してます。

 

 

非正規雇用や、障害者雇用だったら、自分に合う職業が見つけやすいかもしれないなあと、最近は期待しています。

 

 

ちなみに今まで、バイトでは向いている職業が2つありました。

1つは図書館の職員です。もう一つは、あまり知られていない職なので名前は伏せますが、それは1回ダメになってやめていたのを3年後にまた復帰した経験があるので、だめだったとしても、反省すればやり直せるいい例として私の中にあります。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ハンドメイドはネットで売れるのか?

こんにちは、わたです。

 

わたは、ハンドメイドが好きで、minneやメルカリに出品しています。

また、最近BASEもはじめました。

 

 

 

では、それらのサイトでハンドメイド作品は売れるのか。

 

わたの場合ですが、全く売れませんでした。(笑)

 

 

minneでは安い作品(300〜600円)は何個か売れましたが、年に数個売れれば良いほう。

 

 メルカリも、minneも、商品が埋もれてしまってアクセス数が少ない。何度も更新してやっとお気に入りがつく感じ。

 

そして、最近はじめたBASEも、やっぱりアクセス数をどこからもってくる?ということが課題で、1日数件しかアクセスがありません。

 

 

 

なぜ売れないのか…。

1、写真に問題はありそうですが、これ以上プロみたいな写真は取れないと諦め気味。

2、めんどくさがりやで、商品が少ない。

3、一覧からスグ埋もれてしまう

 

 

私はこんな感じです。

 

よくブログには、売れました!という報告ばかり乗っているので売れてない人もいるよ〜という報告でした(笑)

 

ちなみに長く続けていると、こんな作品作れますか?というアプローチが来たりはします。また、オーダーメイドを作ってほしいなど。売れた時に、とても気に入ってますと言ってもらえたり…。そういう一大イベントがあるのが、やめられない理由でしょうか(笑)

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

ニートがTOEICで一発930点?!

 

 

 

この本読みました。

 

内容的に、英語の実力がつく勉強法というより、TOEICの攻略法と言った感じです。

まずは点数だけでもほしい!履歴書に書きたい!という方むけです。

 

 

内容は目からうろこ。

・CNNニュースはきくな

・辞書はいらない

・単語帳はいらない

などなど

 

使うのは公式問題集だけ。

 

本当にそれで高得点が取れるのか?

 

実際に私もこの方の言われる勉強法を取り入れてみたいとおもいます。

 

逐一報告していくので楽しみにしておいてくださいね。