生きる楽しみを見つける -休養中-

広汎性発達障害、または自閉症スペクトラムやADHDを患っています。休職なう。

子供が不登校になった時の対応

こんにちは。

 

今回は、子供が不登校になった時の対応について、経験者である私の親から話を聞いて、自分の意見も混ぜながら記事にまとめてみました。

親も、色々調べたり、不登校の親の会に行ったりして勉強していました。

 

 

私は中学3年間、ほとんど不登校でした。また、高校は通信制高校で、あまり通学していません。

不登校になったとき、親はどう対応するのがいいのでしょうか?

 

 

 殆どの親が受け入れられない

殆どの親が「どうしてうちの子が?」と取り乱し、学校に無理やりいかせようとします。自分の子どもが不登校ということを最初から受け入れられる親は少ないと思います。

すくなからず動揺するでしょう。

 

しかしいつか、不登校になったのには必ず原因があることに気づきます。

なので学校にいきたくないのを、無理やり活かせるのは良くないです。きちんと、原因が分かったうえで対応したほうが良いです。

 

子どもの中にはこころの傷が深く、おやにも原因を話せない場合があります。こどもも不登校になったことを受け入れられないのです。

 

こどもが学校にいかなくても、かない原因があることを考え、落胆しないようにします。

 

 

不登校になる子は、自分を抑えるような良い子が多いです。良い子を演じて、我慢し続けた結果、爆発して不登校になることも多いそうです。

そういった背景も理解しましょう。

 

また、医者のいうことをそのまま鵜呑みにしないことです。私は不登校になった原因を大学3年生まで親に言えませんでした。なので、周りは推測でしか語れません。実際はいじめだったのですが、医者は、わたしのプライドが高いから勉強が出来なくて学校に行けないのだと、診断しました。

 

親はきついし周りにどう思われるか考えてしまうと思いますが、急ぎ過ぎないことです。

 

不登校の子に焦りは禁物。なぜなら、子供が一番焦っているからです。周囲からは元気で怠けているように見えるかもしれませんし、実際、そういう期間も、あるかもしれません。

 

しかし、毎日うるさくいうのではなくて、その子に寄り添うことで、治りが早くなります。その子をまるごと受け入れます。

学校に行かないと勉強が遅れるからと言って、勉強しなさいとばかりいっていてはなんにもなりません。

 

勉強について

勉強はどんどん遅れていきますが、仕方がありません。重要なのは、こころの傷が治ることです。

 

私は不登校でしたが、原因がいじめなので、たとえなんと親にいわれたとしても絶対に学校にはいけません。行く気もありませんでした。

しかし、高校受験の時期になって、急に不安になりました。私はこのままでいいのか、自分に問いかけていました。そして、フリースクールに行くことを自分から親に提案しました。

 

それを、提案できたのも、十分な休養で心の傷が少しふさがっていたからです。わたしの場合、そこまでいくのに2年と数カ月が必要でした。

 

 

勉強は遅れますが、あとからいくらでも取り戻せます。例えば私の場合、高校1年の時から、中学の勉強を1からやりなおし、2年の夏に終わらせることが出来ました。結果、大学に行くこともできました。 

特に通信制は、高校の勉強や受験勉強と、中学やり直しの勉強が両立しやすいです。時間がたくさんあるからです。

 

ようは、立ち直った後の(完全には立ち直ってなくても)、頑張り次第でどうにでもなるのです。

 

急がば回れ、ですね。

口うるさく言うのは、どうせそのことに効果がないので反対ですが、知識としてフリースクールや高校、高卒認定、大学のことを教えていてもいいと思います。

 

口うるさく言い過ぎたことによって、ひきこもりが治らなくなってしまった例もありますので、お気をつけください。

 

 体調面

また、不登校になった子は、身体がきつくて勉強が続かないことが多いです。体力や集中力がが衰えているんですね。そうでない子もいましたが、私は1日5時間が限界でした。最初の頃は、えんぴつを1分持つだけで、手が震えて、気分が悪くなっていました。

 

さらに、体調は他の子とは違い、崩しやすくなることは覚悟しておいてください。そこを分かってあげられないと、こどもはなかなか立ち直れません。

 

 

学校だけが全てじゃない

あるこどもの事例では、自分にあったバイトをみつけることで、自分を取り戻し、さらに成長しながら不登校を克服していました。

学校だけが全てではありません。

その子は通信制高校にかよいましたが、推薦で短大に行き、資格をとろうとしています。

通信制高校時代は友達はひとりもいなかったみたいですが、(あえて、つくらなかったみたいです)短大やバイトでは、皆のリーダーとなって周りを率いてるようです。

 

 

 

 終わりに

確実に言えることは、焦らないことです。

焦りは適度に必要ですが、必要異常に焦ってと、何もなりません。むしろ逆効果です。 

 といっても、こどもに何もいえない、ただ寄り添うだけ、というのはこどもにとっては良くても親はとても苦しいです。親の苦しみは、なかなか周りやこどもすら分かってもらえません。地獄のように思える日々が続くかもしれません。

不登校の親の会やカウンセリングを受けるのも良いかも知れません。

 

こどもはこども、と考え、何かに打ち込むことがないと耐えられないかと思います。

仕事なら仕事。趣味なら趣味。じっとしているのは、精神衛生上も良くありません。

 

 

この記事は、不登校になったわたし、wataの親の意見やwata本人の意見が多数含まれています。できるだけ客観性のある意見を書いているつもりです。

 

ご参考になれば幸いです。

 

発達障害当事者が考える、健常者との違い。発達障害の症状。

はじめましての方ははじめまして。お久しぶりの方はお久しぶりです。wataです。

 

 

さて、今回は発達障害当事者である私の経験から、発達障害者と健常者の違い…というか、私はこんな症状があるよ!という記事を書きたいと思います。

まず簡単な自己紹介ですが、私は、現在ADHDよりのアスペルガーを含む発達障害を持っています。また、身体表現性障害や、解離性障害を持っています。

 

 

 

脳の構造が違う

発達障害は、脳の構造が健常者と異なっています。例えばカナー型の自閉症は、松果体が普通の人より大きいことが分かっています。いずれ、高機能自閉症の脳の構造も明らかになってくるでしょう。

 

脳の構造は生まれつき変わらないので、偏りは完全に治せはしないけど、努力はできます。

薬の服用はもちろんだが、自分の努力もある程度必要です。

 

 

朝が弱い

発達障害の中で、ADHDの人は朝が特に弱く、夜に活発化されるといわれています。

実際、私も夜型人間で、アイデアも夜にたくさん湧いてきます。朝はぼーっとしてますね。

私は中学生の頃から昼夜逆転を繰り返しています。働いている時だけは、なんとか頑張って起きていました。

夜は、頭がざわざわとしてて、興奮している状態です。この状態ですと、睡眠薬もなかなか効きません。

 

夜シフトの仕事が向いてる人もいるかもしれません。しかし昼夜逆転することによって、発達障害の人は体調を崩しやすいとも言われているのでご注意を。

 

気圧に体調が左右される

発達障害精神疾患を持っている人は、低気圧や雨の日、寒い日暑い日、など、天気や気圧、気温にも体調が左右されます。普通の人でも自律神経が乱れやすくなりますが、自律神経が整いにくい発達障害の人は、特に、乱れやすくなります。

 

私はあまりそういった自覚はないのですが、秋冬にだいたい大きく体調を壊すことがなんとなくわかってきました。また、体調を崩す時、医師に気圧のことを指摘されることも多いです。

 

 

感覚過敏

感覚過敏に悩まされてきた発達障害者は多いのではないでしょうか。私は、感覚過敏の中で、聴覚過敏、触覚過敏に悩まされました。

 

聴覚過敏のせいで、小さい音も聞き取ってしまうので、ざわざわしたところで、友達の声が聞き取れず何回も聞き直したりします。

また、静かな図書館などでの雑音や話し声、何かを食べる音が無性に耳について、いらいらがとまらなくなります。

 

触覚過敏は、マフラーや手袋、制服のブレザーのクビの部分など、体に当たるところがくすぐったくてたまらない。ぞわぞわする、と言った感じです。

 

また、感覚過敏とは別ですが、発達障害には聴覚優位型と視覚優位型があります。

私は視覚優位型で、耳で聞いて覚えるのが苦手です。仕事の指示もメモに書いてもらったり、図や表にして整理して説明してもらっていました。そうじゃないと、なにがなんだかわからなくなって、パニックになってしまうからです。 

 

 

緊張やストレスがたまると、症状が強くなる

これは、大学生の時に発見しました。

教育実習の時、極度に緊張状態だった私は、忘れ物を連発したり、疲れやすかったりしました。また、曖昧な指示の意味がわからず苦笑されたり怒られたり…。

緊張状態じゃなくても起こり得ることですが、頻度がそれまでの倍以上でした。

 

 

あ、私って発達障害だったんだと強く思い出させられるのは、緊張した時ですね。

 

 

映像が頭の中に浮かぶ

これは、あまり聞いたことがありませんが実話です。コレに悩まされていました。

ある時の嫌な出来事が鮮明に頭の中に浮かびループして何回も何回も見せつけられるのです。なかなか眠れませんでした。目をつぶるとうかんできます。

 

あと、ほんとに疲れた時。ストレスが溜まっている時。しんどい映像?妄想?を見ていました。階段から人を突き落とす映像や、人に暴力を降るう映像。車で人混みに突っ込む映像などです。ふっと、意図せずに浮かんできます。怖がられてしまうのでこれをカミングアウトしたことはなかったのですが…。なにかの参考になれば。

 

ちなみに今は、1年以上そういう映像は見ていません!青年期特有でしょうか。それとも成長?したのでしょうか。

 

 

おわりに

発達障害者と健常者ではっきり違うよ、ということは、勇気がいることです。健常者の方も、障害と呼ばれるほどではないですけど、偏りがあって皆さん生きていると思うのです。健常者の方も、悩みを持って生きています。

 

ついつい、発達障害をもっていると、理解して!と自己主張が激しくなってしまいますが、お互いを尊重できるといいですね。

 

わたしもたいへん。だけど、あなたもたいへんね。 

 

そんな世界になると良いな。

 

退院しました!これから頑張る!

退院しました。

 

落ち着かなかった気持ちも、エビリファイの注射をうってもらったらだいぶ落ち着きました。

 

エビリファイ、内服だと効いた感じしなかったのに、注射だと効く感じわかる。すごい。

 

入院中から、働けるようになりたくて、うずうずしてました。

退院してから毎日予定を入れてしまっています、

 

ほとんどがショートケア。

予定詰め込みすぎて、出先で気持ち悪くなったりもしてますが、、、

 

 

天気も悪くて、気持ちがブルーです。

 

 

ショートケアも、ホントは疲れてて行きたくないけど、家にいても落ち着かないんですよね。

休むってことができない。

 

働きたくて、働くためには常に動けるようにならなきゃ!て感じ。

 

 

そんなことないとおもいますけど、、。

 

今日は思うがままに記事を書いてるので、支離滅裂かもしれません(笑)

いろいろと雑記

そわそわして落ち着かない。

ナニヲシタライインダロウ。

 

休めばいいって言われるけれど、皆が働いてる時にグーたらしているような気がして落ち着かない。

なにしろ、こちとら24時間暇だ。寝てる時間が一番楽かもしれないね。

 

 

暇すぎて、罪悪感をおぼえる。

 

何をしててもそわそわとして落ち着かないし、やる気も出ない。

 

 

そんななか、少しでもやりがいのあることを見つけた。

 

ハンドメイドとウクレレだ。

粘土にビーズをのせるだけの簡単なハンドメイドアクセサリーだけど、コレが奥が深くて面白い。とかいってみるけど、わたしの頭じゃレパートリーが尽きて飽きてしまうのも時間の問題なんだけど。
f:id:kureyon-wata:20180619125747j:image

 

こんな感じ。どう?楽しそうでしょ?

 

 

ウクレレは、完全に独学。

最初はそれでも楽しいから良かったんだけど、持ち方とか正しい引きかたをしたほうがいいっていわれて意識してからはあんまり楽しくなくなっちゃったかな。

 

4弦しかないしギターより楽ちん。

 

あと、本が読めるようになったよ。

 

終わった人っての読んだ。

ほんと、はたらいてない時の気持ちがわたしとそっくりで、共感できたよ。

苦しいよね。

コの人は、仕事で成仏してないから、仕事が生きがいみたい。仕事してないとどうもだめみたい。

 

わたしも、仕事で成仏してないから、仕事がしたいのかな?

 それとも、与えられたことをすると安心だし、みんなと同じことをしたいから仕事がしたいのかな。

 

それとも働いてないと人から責められると思って仕事がしたいのかな。

 

 

わたし、今軽作業の仕事、めちゃくちゃしたいんです。

 

わたしに今できることと言ったら、軽作業しかないなって。

で、はやくそれやって、この暇な時間から開放されて安心したい。

 

でも、休めるうちに休んでおくのもいいかなって気持ちにもなれてきた。

 

焦りすぎるのは良くない私の弱点って言われる。

 

 

実際ね、ぐーたらしてるときは、そわそわしておちつかないんだけど、いざ外出練習とかしたらもう外にでて歩くだけでしんどいのね。

 

 

そんなんで働けるわけないから、最初はデイケアからはじめるんだけど。

デイケアすらも毎日行けるか微妙だな。

 

まあそれは退院してから考えればいいか。

ともだち

友達ってなんだろう。

さびしさを友達でまぎらわしていると、本当に一人の時間を過ごせなくなってしまう、弱い自分になる。だからといって、さびしい時にいつも一人で過ごすのも、なんだか味気ない。ようは依存しすぎないちょうどいい距離をどうつかむかがポイントだ。

距離をつかむといえば、私は相手との境界線をひいて、ちょうどいい距離を保つことが難しい。深入りしてしまったり、深入りされてしまったり。

先日も友達関係でもやっとすることがあったばかりで、どよんとした気持ちになる。

一度どよんとした気持ちになると、なかなか抜け出せない。

同時期に複数の友達とどよんな関係になってしまうと、偶然であっても自分に悪いところがあるのではないかとばかり気にして落ち込む。

これでは友達に振り回されているじゃあないか。

それはいけない。

友達に振り回され始めたら、人間どうしても悩みが生活の大半を占めてしまう。

そんなのは嫌だ。

気にしない。気にしない。人間関係のトラブルは、次の人間関係に活かせばそれでいいのだ。

トラブルになった人とは気まずいけど、無理に付き合うことはない。

私はいつもそこで無理に付き合ってしまうから、苦しくなるのかもしれない。

そこでああ、やっぱりなんてことなかった、て思えることもあるから、いいところでもあるけれど。

とりあえず、友達とは、立ち入りすぎないいい関係を築くこと。

自分は自分。他人は他人。それを忘れてはいけない。

リセット 入院

今週の月曜から、精神科病院に入院しています。1か月入院予定です。

といっても、切羽詰まった状況ではなく、今まで復帰に向けて頑張ってきたのを一度リセットしようという休養目的です。

 

入院したらみなさん、なにかしなきゃとプレッシャーを感じることが多いみたい。

例にもれずわたしもその一人。

せっかくリセットする時間を与えられたのだから、この入院を意味あるものにしたい。

 

でも、あせってしまったら、不安のせいで体調が悪くなっちゃう。

それでは元も子もないので、とりあえず最初の1週間は朝起きて、夜寝れたらそれでオッケー。

後は、気にしないことにします。

なんにもやることなーい、あれしようこれしようとあくせくすることなく、たまにはのーんびりごろごろお昼寝、もいいかもしれない。

 

以前は、昼夜逆転していたけど、入院初日からそれは治りました!

入院先の環境がいいのか、環境が家から変わったことがよかったのか、気分はとてもいいです。

先のことやいますべきことなどを考えて、焦りはものすごくあるけど、本も少しずつ読めるようになっているし書類のやり取りも一人でできているし…。いい感じだと思います。

 

入院前は、家がごちゃごちゃして汚かったからかな。すごく落ち着かなかったけど、

ここは何にもないから落ち着く。本も読めるようになったのはそのせいかな?本を持ってくればよかったな、と少しだけ後悔。でも今は電子書籍もあるからいーや。

 

 

お絵かきしたり編み物したり、運動したり、ピアノをしたり、電子書籍を読んだり…。

心がもやもやしてなかなか集中できないのですが、それでも何かをやれてる自分をほめてあげたい。

充実してるといえばしてますね。やっているときは苦痛でも、やり終えたときに嬉しかったり達成感があれば、それはプラスになると、主治医から言われました。

 

息抜きになることを今から探したいと思います。

 

 

 

余談ですが…。

掃除のおばさんが毎日掃除に来てくださるのですが、その仕事をベッドの上で見ている状態なので(ほかにいるところがない)、何故だか辛く感じてしまいます。この人もこんなに頑張っているのに、私は…と落ち込みます。落ち込む必要はないのにですね!そんなこともあります。

「ちょこっと、ポジティブ。」から学ぶ、鬱の人が気持ちを軽くする方法

 

ちょこっと、ポジティブ。  一瞬で気持ちがふわっと軽くなる35のコツ

ちょこっと、ポジティブ。 一瞬で気持ちがふわっと軽くなる35のコツ

 

 こちらの本、うつの時や、落ち込んでる時にいいかもしれません。

何故いいかというと極端にポジティブなことが書かれていないからです。

人によってポジティブなことは変わるかもしれませんが、自己啓発本で言う、友達は大事にしなさいだとか、仕事はがんばりなさいだとか、そういう説教臭いことが書かれていないのです。

 

ちょこっと、ポジティブというタイトルに表れているように、少しだけポジティブに、そんなに頑張らなくていいよ、という本なのです。

 

 

では気になる内容はどんなことが書かれているのでしょう?

見出しを引用してみますね。

 

・日曜日の夜に絶望的な気分になるあなたへ

 

何ともネガティブなタイトル(笑)!

しかし、これは社会人にとっては宿命のような悩みですね。

この悩みに対して、こんな感じでふんわりとアドバイスが載っています。

 

仕事が生きがいという人もごくまれにいるけれど、普通の人は、仕事は生活をサポートしてくれるもの。

仕事と生活の優先順位が変わってないか、確かめてみて。

そして、仕事以外の世界の時間を忙しくてもあえて作ることが大事。

 

 

なるほどね~…。

私は働いていた時、仕事が優先順位が一番になっていました。

うつ病になりやすい人って、時間の使い方が下手っていいますよね。

これは発達障害の人にも言えると思います。

息抜きのはずの時間も、なぜか仕事関連の作業や本を読んでしまっていたり…。

息抜きになっていない!笑

それはどこかで気づいているんだけど、そうやって頑張っている以外にどう時間を使えばいいかわからないんですよね。

家に帰ってきてからも、休日も、仕事に関する勉強をしたり本を読んだり。

趣味が読書だったから、ちょうどいいじゃない!と思っていたのですが、これが甘かった。というか危ないサイン。趣味が読書なら、仕事にまったく関係ないものを読むのが本当の息抜きだと今になって思います。仕事関連の本でも息抜きしたつもりになっているかもしれませんが、実際休職して入院した時、仕事関連の本や自己啓発本を一切読まない1カ月を作った時は、みるみる体調が良くなったものです。

 

仕事以外に、趣味を作ったり、職場以外の人と会ったり…。自然を触れ合うのもいいですね。仕事のことを考えない時間をどれだけ作れるかが、大事なのかもしれません。

 

あくまで一例ですが、仕事をしていても旅行やキャンプに忙しい友達は、仕事と生活のバランスが取れていると感じます。

 

 

このように、この本からはうつの人や発達障害の人、また普通の人も、気持ちを軽くするための35のコツが載っていますので、もしよかったら、手に取ってみてください。