生きる楽しみを見つける -休養中-

広汎性発達障害、または自閉症スペクトラムやADHDを患っています。Twitter@amaiwatako

休職中に外を出るのは職場の人に会う可能性があって怖い。だから変装をする。

スポンサーリンク

休職中に外を出歩くのは、怖い。狭い世の中、会社の人と会うんじゃないか?と、疑い深くなる。

というのも、休職前から世間話で、「どこどこで誰を見た」「誰々と一緒だった」「あそこに行ったら絶対職場の人に会う」だの先輩にさんざん聞かされていたからだ。

その時は、外で誰と会おうと関係ないと思っていたけど、今は違う。なにせ休職中なのだ。

休職中に会おうものなら、あれ?なになにさんじゃない。なにしてるの?げんきにしてる?と声をかけられる。それだけならまだしも、自分が気づかず遠くから目撃されていて、あとで誰々さん遊んでたわよ、おしゃれしてどこどこで買い物して~なんて職場で噂されていたりしたらたまったもんじゃない。



もちろん地元は会う可能性が高い。
じゃあ地元から離れたら?
しかし電車で30分行ったところの目撃情報も多い。
住んでる地域が皆バラバラで、かつ職場の人数が多いことが原因だろう。


子会社だったら会う可能性が低いとかそういうことを言ってるわけでもない。
問題なのは、外に出たら会うんじゃないかと怯えてる自分がいることだ。




こういう時、アドバイスしてくれる人には2種類いる。

  1. 外に出ても良いんだよ。自分の好きなことをして治すことが先決。見られたっていいじゃない。たいして人はきにしてないよ。
  2. あまりまわりをうろつかないほうがいいよ。見た方も気分良くはないからね。へんな噂が経つと戻れなくなるよ。

 
これはどっちも正解なんだろう。人の数だけ、どう思うかも変わってくるってことだ。


休職ってのは、日本人の多くはその後戻らず退職してしまう。それでもいいから使える社会保障制度は使いなさい、というのが私の主治医の意見。だけど私は休職は基本的に職場に戻るために休ませて頂く、という認識。

だから、外にでて買い物なんかしてると、元気なんじゃない?私達は忙しく仕事してのに遊んでずるいわ、なーんて思われないか心配する。


休職中はあまりまわりをうろつくなってのもすごい分かる。でも、それじゃあ逆に病んでしまう。

かといって、ご飯にいったり遊んだりできるなら、働けよってなってしまうので、難しい。

今の私は一週間のうちの1日か2日、何時間か出歩いたり、買い物したり、遊んだりすることはできるけど、他の日はほとんど寝込んでいて、体は万全じゃないってことが多い。

好きな本を書いに行くことはできるけど、身の回りのことはできてないし、生活する体力も働く体力もない。
汚い話、気分が悪くてお風呂にすら何日も入れないなんてザラだ。


こうやって書いてるとなんてわがままな体なんだって思っちゃうけど、しかたない。そういうのも病気の一つとして受け入れていくことが必要だ。

今はショートケアに通って、身の回りのことができたり、生活リズムを整えることを目標としてるしね。

気晴らしに遊ぶこと

気晴らしに遊ぶことも休職中は必要だと思う。というか、遊びでなくても体調を整える意味で太陽の光浴びたり、外に出て活動することは大事って思ってる。でも、見つからないことがベストだし、SNSには載せないなどのマナーは絶対必要。

見つからないために

そこで私が見つからないためにやってること。

それは変装だ。


ウィッグとだてメガネをつけている。
最初は帽子も被ってたんですけど怪しすぎてやめた、

ウィッグは、つけるのが大変だし、お金も9000円ぐらいかかったけど、これのおかげで、外出ができるなら安いものだ。

ショートケアに行く時や、働いてる時間にちょっと外に出るぐらいなら変装しない。

でも、外に出るのが後ろめたい時、罪悪感があるときは変装する。見つかったら、やばい時とか。(日曜の夜の外食など。普段なら絶対行きませんが)

ウィッグについて

ウィッグは通販でできるだけ高いものを買ったほうがいい。
10000円前後のもの。
高いものは高いなりに、馴染む。ばれない。
安いと浮いたり、てかてかする。
口コミはちゃんと見て買うことをおすすめする。
高くても、浮いてしまうウィッグはあるからだ。

あと髪の長くて毛量も多い人はウィッグが浮いてしまうので、ウィッグで変装、というのはあまりおすすめしない。

どうしてもためしてみたかったら、直営店でおためしセットができるのころで確認してみよう。