生きる楽しみを見つける -休養中-

広汎性発達障害、または自閉症スペクトラムやADHDを患っています。Twitter@amaiwatako

広場恐怖症になってしまった。あと視線が怖い

スポンサーリンク

ひきこもり生活が板についてきたわたしです。

 

今日は、病院に行かなければいけない日だったので、行ってきました。

電車には乗れないので、親に送ってもらった形です。

しかし、家を出た時から、誰もいないはずなのになぜか見られているような、視線が怖いような感覚で、なんだか気持ち悪かったです。

そして、病院に行く前に立ち寄ったコンビニで、窓を開けたまま親が駐車してご飯を買いに行ったので、外からは私が丸見えな状態。すぐ横には知らないお兄さん。わたしは怖くて怖くて、知らない人なのにパニックになって、泣きながら車の床にうずくまって隠れていました。辛かったです。そしてそんな私が異常なことも、私が一番わかっています。

 

パニックになった私は外や人が怖くて、結局病院にはいけませんでした。親は怒ってたし、送ってもらったのに申し訳ないです。でもほんとに怖くて、気づいたら意識が遠のいて寝てました。

 

最近、外に出ても、今絶対職場の人に見られた!とか、あの人職場の人かもしれない、とか、あの車の中から職場の人が見てる、など妄想が激しいです。そのせいで、外に出るのが怖くて…。

 

 

職場の人が見てる妄想+他人が怖い。

この2つのせいで、外に出ることが本当に困難になっています。どうしたものか…。

 

 

外に出られないと、どうせ頑張ったって外には出られないんだからと、夜ふかししてしまい、リズムがぐちゃぐちゃです。

 

もう何がどうしたらいいのか、、。整理がついてません。デイケアに行くのも挑戦したのですが、車に入るまではいいのですが出ることができません。

 

一回、頑張ってみたら違うかも、と思っても、頑張る→動けなくなったり倒れるの繰り返しで気力がなかなかでてきません。

 

一週間に最低一回は、それでもがんばるぞ!!という日が必ず来るのでその日を待ちます。