生きる楽しみを見つける -休養中-

広汎性発達障害、または自閉症スペクトラムやADHDを患っています。Twitter@amaiwatako

行動の根っこにある、恐怖と寂しさ

スポンサーリンク

人の行動の根っこにあるのは、「恐怖」と「寂しさ」らしいですよ。

 

松浦弥太郎さんが言っていました。

 

 

 

恐怖かあ…。

昔から、人にどう思われるのか、周りの目を気にして生きてきたフシが有ります。病気になった原因も、人にどう思われるかを過剰に気にしすぎたから。

 

失敗したら、また怒られる、呆れられる、嫌われる…。

それが恐くて、失敗を過剰に恐れるようになりました。すると吐き気が止まらなくなるように。

 

 

寂しさにおいても、こうやってブログをしている以上、誰かとつながっていたいという気持ちが強いんでしょうね。Twitterまで作ってしまったし。

 

人生は孤独と耐える日々。

私はまだ孤独に耐えうる心の強さは身について着ない。

確かに最近孤独に耐えろ耐えろって本ばかりあるけど、私は、耐えられないならそれでいいんじゃないかって思ってる。

 

人に頼ってでもそれが醜くても、それで自分が一人の人間になろうともがいているならすべてまるでよし。

 

でも、孤独がいいって考えも分からんでもない。

 そして、人は寂しさや孤独のような、決して人と分かり合えない部分、あえてわかろうとしなくていい、他人に入らなくていい、入られなくていい領域を持つことによって、人間性に深みが増すのではないかと。

 

 そう思います。